スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【REVIEWS】DARK SOULS(ダークソウル)「人間性とは何なのか」 2011年12月29日 【REVIEWS】 トラックバック:0コメント:0



もうやりこみすぎて、あまり感想も書く気になりませんが。

書きます。ほぼ義務な気がします。更新数もなにかと主張してます。


ダークソウル、発売当初はフリーズ、フリーズでひどいものでした。

これではゲームにならない。誰しもそのオンラインのひどさに冒険さえままならぬまま、

PS3の前で心を折っていました。

でも私はそのオンの酷さより、主人公の酷さに

もうゲームをやめようと考えてました。

だって、ゾンビですよ?

がんばってキャラメイクしてもあれでは、私自身のやる気が削がれてました。

それはもう、かわいいキャラを操作ないと

この暗い世界ではやっていけないからですね。

とにかくその唯一の心の頼みだった主人公がゾンビだったので

冒険を始める前から

私は主人公を前に心が折れかけていました。

でも慣れというのは恐ろしいもので

もうゾンビよりひどい顔をした主人公を見ても

特に思うことの無い今日この頃です。



さて、なんかくだらない当初の話はこのくらいにして

フリーズもしなくなったのでオンも充実してきた今現在の、

このゲームを通してなんとなく思っていること、つまり感想ですが、

まず装備が多くて着せ替えが出来るところが楽しい。

もちろん着せ替えをする、その子はゾンビですが慣れでなんとかなります。

・・・・慣れてはいけない気もしますが。


あとNPCが結構友好的だったのが印象。

みんな親しいです。

なんかすごく気に入られてます。

女キャラならモテモテって感じですね。

男キャラなら・・・・たまげたなあ(迫真)

そうそう、NPCの発言が主人公が女キャラと男キャラの場合で

すこしだけ違うみたいです。

NPCの数は前作と比べて多め。

というのも前作デモンズソウルは

魔法と奇跡しかなかったのですが

今作は魔法と奇跡と呪術と分かれており

さらに使う奇跡は当たり前ですが宗教によって変わり

その宗教が結構多い。

なのでその一つ一つの宗教にもキャラがいるので

人数は多くなったわけですね。


ダークソウルはストーリーとか、探索のほうに力を注いだのかなあ

とか考えます。

ダークソウルの面白さについてはやはり冒険。

ルートというものがあまり無い、ダークソウル。

なので自由な冒険が楽しめると思います。

でも、攻略してしまうとここは必要ないよね?みたいな感じで

攻略に無駄な場所が省かれ、

ルートが構築されてしまうので

初見の人はwikiとかを見ないほうが楽しめると思います。

決して、無駄ではなく、面白い場所ばかりなので。


で、攻略後の対人等ですが、

バランスが良くどのような手でも

なかなかの火力が出るので

個性が出てきますね。

結構面白い。

私は初見の信仰キャラで太陽万歳してます。

ここで着せ替えの楽しさについてまた触れることになるのですが

(プレイしてない人は何のことか分からないと思うのでスルーで結構です)

ゾンビの女の子の着せ替えという一見上級者向きの趣向ように見えて、

慣れでどうにかなる問題だったりします。

実はプレイヤーは主人公の後ろ姿を見ることは良くあっても

前の姿をあまり見ないのは当然のこと。

格好が可愛ければ、可愛い子のようにプレイヤーは錯覚できます。

もちろん前の姿だって、顔さえ見なければなんとかなるものです。

なのでそれなりにファッションを楽しむことが出来るんですね。

私は頭を下級騎士。その他は銀騎士。武器はロングソードと

よく見かける騎士っぽくしました。

プレイしていない人のために簡潔にその容姿を例えますと

ドラえもんの映画ロボット王国のジャンヌ姫。

それを知らない人のために言葉で表しますと

まるで女の子の騎士というとまず思いつくような

マントを背負ってる騎士。

やはり下級騎士の兜は素敵です。王道という感じがしますね。

しかし、皆思いつきそうな組み合わせの装備だと思ってたら

意外と被ってなかった不思議。

いいチョイスだったんですが

その重量と強化性能の悪さで

現在は銀騎士の部分を上級騎士に変えてます。

ここですごくどうでもいいこだわりですが、

私は、騎士といったら直剣という信念を貫いてます。

だいたい神聖ロンソ使ってました。後半は邪教ロンソ。

私はなんでか初見でキャラを育成したら

がちがちの信仰形になってしまいました。

アストラの直剣(上質信仰武器)に惹かれたんですよね。

結局今はその剣は使ってませんよ、と。


ま、そんなこんなでダークソウルは楽しいです。

最後の方は蛇足だったので他の記事に移そうかと考えましたが

なんか違和感があったのでこうなりました。

最後に、一つ言うと

こんな記事を読んでダークソウルのよさがわかる人は

絶対にいないと思いますが、もしいたら注意点

 ひどく、ものすごく難易度が高いです。

この言葉を伝え忘れてたんで・・・・では、ここで失礼。



作品:ダークソウル

種別:アクションRPG
雰囲気:★★★★☆
操作性:★★★★☆
人間性:★★★★★
ストーリー:★★★☆☆
難易度:マゾゲー、ドMゲー

市場
Amazon.co.jp: DARK SOULS(ダークソウル)(特典なし
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:サブカル

【REVIEWS】小林賢太郎演劇作品 「うるう」 『ひとりになりたがるくせに寂しがるんだね』 2011年12月21日 【REVIEWS】 トラックバック:0コメント:0

どういうわけか、当日券が手に入ったので公演初日に行くことができました。なので感想を。


「ひとりになりたがるくせに寂しがるんだね」

劇場に入って、まず感じたのは劇場を使うつもりなんだな、と。

劇場全体に淡い煙が舞い、劇場の照明がそれを綺麗に映し出す。

舞台には巨大な切り株のようなものがいくつも四角く枠に取られ

様々な表情を見せながら形を整えている。


もうこの時点で、小林賢太郎の世界だった。


今回、舞台に立って、物語を造り上げるのは小林賢太郎さん、彼一人。

ひとり芝居だ。

そして、演劇の「音」はだいたいチェロの生演奏で作り出されていた。

その演奏をする人は徳澤青弦さんといい、この人は小林さんと結構付き合いが長い。

彼は舞台を見て右後ろに陣取り、チェロを弾いていた。


この劇は世の中の余りの1、がバランスをとっているのだが、

それはカレンダーだけの中の話ではない、人間の中にも居る。

その人が主人公。「うるうびと」

小林賢太郎さんはだいたい今までの劇で黒髪だけど

今回は白髪で、なるほど、今までの小林賢太郎のだれとも違う。

余りの 1 だ。

そして、演じるのも全て 彼一人。

一体どのような劇になるのか・・・・。

正直、見当も付かなかった。

だが始まれば、チェロの伴奏とともに凄まじい演技力と舞台全体を使って観客を一気に引き込ませた。

舞台は変化、変化を遂げ、小林賢太郎がその中を余りの1としてぽつんと舞う。

凄い。たった一人で、こんなに。

考えに考えて、作り出したものだということが分かる。

これはただの劇じゃない。演劇を凌駕した演劇作品。

他の演劇とは比べられない。そういった分野だ。


内容についてものすごく触れたいのだけど・・・・

公演初日に行ってしまったのもあるし、ここでは触れません。

見に行ってください。

KENTARO KOBAYASHI WORKS 小林賢太郎のしごと
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。