スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【REVIEWS】 Ib 「私は、作品に魂を吹き込んだ」 2012年04月26日 【REVIEWS】 トラックバック:0コメント:0

Ibという、最近ネットで流行っているフリーゲームをやってみました。僕はあまり、ネットで流行っている物に手を出さない人間ですが、美術館が舞台のホラーゲームと聞いたらやらない訳にはいきません。特にpixivの絵が決め手でしたね。

ボリュームは一日で一周二週・・・・と周回を重ねることが出来るほど、長くはないです。ただ内容が濃い為に、一周で長い間、美術館を歩き回った気分になります。
ちなみに、それほど謎解きが難しいという訳では無いので、サクサク行ける他に純粋に雰囲気を楽しめるとおもいます。

はっきりと、辛口評価をすると表紙とBGM、今作のある意味主人公である、芸術家ゲルテナの作品の数々、キャラクターのアイコン、デザイン。これらは素晴らしい。まるでイギリスの町並みの様に、雰囲気抜群です。しかしながら、それら以外はさすがにツクールのチープ性が出てしまい、微妙でした。仕方が無いですね。
ただし、いくら微妙といっても、ひどいというわけではないです。少しやっていれば、ツクールのチープさを忘れて、すぐIbの世界に迷い込めます。美術館の中はやはり凝っていますし、また恐怖の仕掛けの数々は、ホラーに慣れている僕でさえ、ちょっと感動しました。恐怖というのを通り越して感動ですね。特にあの宝探し部屋の場面は・・・怖すぎますね。
ストーリーには驚かされました。いや、驚かされるというのは、語弊がありましたね。考えさせられるというか、いくつか謎を残されてしまう、そんなストーリーです。考察をすれば、ちょっと面白いかもしれません。おお、フロム脳が標準装備で良かったです。

このゲームで印象付いたことは、紛れも無く設定の懲り方。
キャラクターにはそれぞれ薔薇が用意されています。この薔薇が枯れてしまうと、命にかかわります。自分自身と思ってもいいのでしょうね。つまるところ、薔薇がHPなのです。ダメージを受けると少しづつ、花びらが散っていきます。この薔薇の設定がやはり、面白いなあと。
僕の場合はやっぱり薔薇じゃなくてグロリオーサなのでしょうか。すると結構弱そうです。花言葉は強そうなのですが、花びらの数は薔薇に劣りますからね。
また主人公のIbはまだ9歳ということもあり、難しい漢字が読めないという設定になっています。これも凝っていますよね。後に登場するギャリーさんが漢字を読んでくれたりするのも、謎が少しづつ解けていく面白さを作っていると思います。
また、演出が良いですね。美術館という舞台を利用して、本来なら血のはずの部分を、赤い絵の具で、描くことによって補完していたりしているのですが、逆に不気味で良いと思いますね。
謎解きについては、そこまで難しいとは思わなかったのですが、面白いとは思いました。サクサクいけるからというのもありますが、巧妙に出来ているからですね。巧妙に出来ている割には、それほど難しくないので、楽しいのでしょう。
雰囲気が良い部分を挙げていった中に、僕は表紙とアイコンと書きましたが、これらの絵は必見です。油絵を連想させるような、くぐもった絵に仕上がっております。やはり、これらが「Id」というゲームの看板だとおもいます。
キャラクターにおいては、やっぱりギャリーさんがダントツですよね。女性的な面と男性的な面を見事に融合させた、かつてないほど面白いキャラクターです。
女性的に見えるその性格や、言葉遣い。しかし、イヴのことを守るその精神は、男性的な面が見られるのです。人間が、完璧な理想を追い求めると、ギャリーになるのでは、などと考えました。
性別で言うと、人間って女性の方が男性よりはるかに優れているのですよ。物の取り扱いから、人間関係まで。生活スタイル、全てが完璧です。しかし、決断力や、攻撃からの防御は苦手です。
なのでギャリーのように、女性的な面に加え、男性が女性に勝てるほんの少しの部分が結合しているのは、すごい人なのではと。


エンディングは何個も用意されています。主人公Ibの行動により、変わっていきます。エンディングに関しては何も書きません。ぜひ、フリーゲームとなっておりますので、ご自分の目で見てください。芸術品は特に人から聞くより、自分の目で実際に見たほうが――当たり前ですけど――感動しますよ。


関連リンク

Ib 公式サイト。ここでゲームをダウンロードできます。
http://kouri.kuchinawa.com/game_01.html
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ゲーム

ロフト大学・芸術学部・映像学科 アニメーション研究室~開校編~ へ行ってきました。 2012年04月21日 雑記 トラックバック:0コメント:3

004_convert_20120421224641.jpg

さて、どういうイベントだったのか。なんてことを僕がここに偉そうに書くことを、今珍しく躊躇しています。というのも、僕がイベントに参加したのは、14時後半。イベントがスタートしたのは12時半。
何故こうなったかというと、ツイッターで竹内さんのツイートを見た後にこれは行かないわけにはいかない、という衝動に駆られてから、行動に出たからですね。その時は既に13時。そのまま昼ごはんをぱっぱと食べて、ユーストの中継を見た後、やっぱり行こうと飛び出しました。
最近、自分の行動力の成長具合に、我ながらびっくりしています。では、イベントの様子を書いていきます。

まず、イベントの会場なのですが、ここが驚いたことにロフトプラスワンでした。ロフトプラスワンというのは個人的に、夢の空間みたいなイメージがあったので、わくわくしてました。
一番上の画像は店内。地下の埃っぽいところでトークイベントを見ながら、飲んだり食べたりしている感じです。

今回のイベントはアニメーション作家さん達が、会場でアニメーションを作るところを見せながら完成させる、というものです。すごいですよね。作るところを、本当にすぐに触れられる距離で、見ることができました。店内の中で、六人のアニメーション作家達が、それぞれ一つのテーブルを占拠して、製作に取り組んでいました。
僕は何気なく入ってすぐの椅子に座ったのですが、そのすぐ後ろが竹内さんで、びっくりです。
製作中だったようで、ちょっと話しかけるのに躊躇しました。ということで、実用的な質問をいくつかさせてもらい、それだけでやめておきましたが。今思うと、何故もうちょっとガンガン話しかけなかったのかと、後悔しています。コーヒーなんて頼む時間があったら、もっといろいろ話を聞けたのに・・・・。
他にも、有名な作家たちがたくさん居ました。残念ながら、トークの合間の休憩時間のみ、アニメーション作家さんに話しかける機会がありません。なので竹内さんに少し話しかけて、それで終わってしまいました。

製作のやり方みたいなものは、やはり人それぞれで、なるほど決まった形が無いなあと。実写だったりCGだったり、紙に描いたり・・・・。
製作しているところを、ただずっと見ているだけではつまらないので、ちょくちょくトークを挟みつつ、イベントはゆるゆると進行していました。画像左のほうのスクリーンに、今回集まったアニメーション作家達の処女作等々を流したり、解説を入れたりしていましたね。


ここらでロフトプラスワンの話も少し。新宿の歌舞伎町という、結構危ないところにあります。歌舞伎町って結構怖いイメージがありましたが、風俗店とかキャバクラがある程度で、そこまで恐れる必要はないと思いました。ただ、なにがあるかわからないので、僕も用心しつつ、大急ぎで歩き抜けました。
さて、ロフトプラスワン。看板なんてものを高々と揚げてなんかいません。

010_convert_20120421232704.jpg

コンビニがあって、その脇のエレベーターか階段を使って地下二階まで降ります。ううむ、入りにくい。
勇気を振り絞って、階段を降りていきます。しかし、さらに不穏な空気のする扉にぶち当たるんですね。思い切って中に入れば、そこは異空間。一番上の画像になるわけです。

008_convert_20120421232342_20120421232442.jpg

今回のイベントの名前をご覧ください。開校、とあります。もしかしたら次回があるかもしれません。次は初めから居たいものですね。気が向いたら皆さんもロフトプラスワンのサイトをちょくちょくご覧になって、イベントに行ってみるのも良いかもしれません。


関連リンク

ロフト大学・芸術学部・映像学科・アニメーション研究室~開校編~ 
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/broadcast/2012/04/21/21401/

LOFT/PLUS ONE 
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。