スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱舞 2012年10月13日 作品 トラックバック:0コメント:2



生け花です。生け花。計画とか方針とか全く無い状態で、とりあえず勢いのあるもの、という気分で生けました。つまりは、原点回帰。花材も本当に使い込んだチョイスに。

花材:グロリオーサ、うめもどき
スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

エロやグロ、ホラー、性的表現、暴力表現などなど年齢制限R-18について考える。 2012年10月13日 考えてみて トラックバック:0コメント:4

 R-18、それはつまり18歳以下の子は見てはいけません、入ってはいけませんよというお札。これには少しばかりひっかかるのですよね。なにがひっかかるかというと、何故入っては、見てはいけないのかという疑問があるからひっかかる訳で、つまり全てにおいてひっかかってます。
 ここら辺まで読んだ頃には当たり前だとか考えて、この記事を読むのをやめてコメント欄に文句をつけるか、逃げるかする人が多いと思います。大抵の人は疑問に感じていないのですよね。疑問に思っても良いことだと思うのですが。
 R-18と言っても種類がありますね。グロ、エロ、ホラー。特に疑問に思うのがグロとエロの部分。まずグロから。
 グロとは何でしょう。それは流血表現や暴力等。それが犯罪を引き起こすと考えられていて、R-18規制されています。ひどいとゲームなどが発売禁止処分になったり。ここで疑問に思うのです。はたしてグロは本当に犯罪を引き起こすでしょうか。
 僕は暴力表現を見ると嫌悪感と凄まじい怒りを感じます。暴力自体が非常に嫌いなんです。戦場のメリークリスマスが経過10分くらいから見れなくなるほどです。それは親から受けた教え故かは分かりませんが。それでもこう考えます。
 暴力表現を見た子供が真似をして、暴行犯罪を引き起こす。それは根本的なところで間違っているように感じます。暴力表現を見た子供が真似をする、そんな子供はそもそも犯罪者予備軍ではないのか。極端に言えば、暴力に対して嫌悪感を感じないところで犯罪者予備軍だともいえます。
 基本的に、人は生まれてからすぐの時期は全員犯罪者予備軍だと僕は思ってます。何が悪いことか良いことかが分からないからなんですが、最近の人は、そういう時期が長引いてる気がするんですよね。暴力がいかに悪いことかを学校で教えていないからでは無いでしょうか。
 そして暴力表現規制のため、様々な問題があります。例えば情報。戦争はどのようなものかを正確につたえているジャーナリストの山本さんが亡くなりました。ニュースでは流せないような映像もあったそうですが、流すべきじゃないでしょうか。そこにある暴力や死を映さずして、戦争のひどさを伝えることは出来ないと思います。映像を見た子供がトラウマになるだとかの反論は、ただの言い逃れでしかないでしょう。現に戦争の中で生きる子供たちがいるのに、トラウマも何もあったものじゃありません。それは平和ボケの過保護です。「子供の家畜化」の末路といった感じ。
 暴力がいかに悪いことか、それを伝えることが犯罪を減らす鍵でしょう。暴力は悪いことであると。暴力で悦に入る人間は精神的に社会不適合なのでどっかの施設にぶち込むべきです。とまあ過激な冗談を飛ばして次の話へ。
 次はエロについて。これは明らかにおかしいです。
 性行為を見せるのが何が悪いのでしょうか?交尾です。あんなの、ただの交尾ですよ。本当にそう思います。昆虫の交尾は堂々と教育番組に出すくせに、人間のとなればいきなり命の重さと同じくらいに扱いが変わります。
 上記のように言い切った理由を、まず規制のあいまいな部分から突いていくことから始めます。例えば中世ヨーロッパの裸婦画のような、美術に興味の無い人間が見て、芸術品だと考える絵だと、割と規制が緩るかったりします。まあ、性器が出ているのがアウトという謎ルールがあるから、という言い訳が返って来ると思います。では僕はこう考えます。それこそが、性表現を規制する理由が破綻している証拠だ、と。
 理由と考えて浮かぶのは、性的興奮が危ういと考える場合。しかし、それならば女性性器のみならず、女性の肌を隠すようでなくてはなりません。男が女の裸を見て性的興奮に至るのは、生物学的に言って至極当然のことでしょう。男性は露出が高ければ十分ヒートアップする原因となります。故に、仮に性的興奮が危険視されて規制されていると仮定したら、R-18規制の基準は大いに間違っていると考えられます。
 ここまで読んで気づいた方もいるかもしれません。そう、規制の理由、基準を疑問視すればするほど、非常におかしい事だと思えてくるのです。つまり、あいまいな理由が規制の動機となっているとも取れます。「なんとなく」「恥ずかしいから」が「根本的」な理由なのです。まあ、大人が子供に見せたくないから、が本音だと思いますけど。しかし、それでは本当にばかげた話になってしまうのですよね。なぜなら、それが理由なら(よく言われますが)大人の都合なのであって、子供のための法律ではないという本末転倒なんじゃないのか、と。
 しかし、こんな事件があったからだとも、考えられます。例えば、AVを見た小学生が同級生をレイプした事件なんてのが頭の隅に残ってます。まあ、それは小学生低学年の頃に見てすぐ行動に移したパターンであり、年を重ねれば、道徳観も出てきて、理性が行為を止めるはずです。しかしながら裏を返せば、大人になってもそれが引き金になるのであれば、その大人は大人であるにもかかわらず小学生低学年レベルという非常に危険な人物故、冗談抜きでどっかの施設にぶち込むべきでしょうね。生まれてから小学生低学年の精神は善悪の判断が付かない非常に危険な時期でもあります。その時期の精神を引きずるということは、もはや人間としては最悪の出来でしょう。
 では、なぜその「危険な年齢の子供」に見せても構わないと言えるか。そういう時期に親や教師が見守って、転んだ子を立て直すことができるからですね。中学生になってしまうと子供は途端に微妙な賢さと羞恥心を持ちます。親が立ち上がらせようとしても、どこで転んだかが分かりにくく、教育にも曇りが見えてしまうのです。そうした子供はそのままの精神で大人になってしまい、性犯罪を起こしやすいと考えられます。
 疑問や素直さがある年齢のうちから、性行為や暴力表現を見せて、その反応に親が臨機応変に対応することこそ、よりよい人間に育つと確信します。なぜなら(何度も繰り返してますが)、それらの行為について、曲がった考えを持たせないように、そこで修正が簡単にできるからです。鉄は熱いうちに打てと言われますが、この問題も当てはまるでしょう。
 
 現実的に、細かい年齢で考えるのであれば、教育の時期は小学3年までに。それまでも、暴力表現や暴力的性行為に嫌悪感を抱かせる作風の作品を読ませることをおすすめします。それは子供にとって刺激の良い教科書になるからです。

 最後に僕がこの記事を書いた理由。最近の中学生や高校生は善悪の判断が鈍りすぎているからです。
 親が規制する理由は「子供にそんな汚いものを見せたくない」ですね。しかし、それは親の慢心と過信の表れと取れるんです。その理由の裏には「子供がこんな汚いことをするわけない」という気持ちがあるので。
 例えば、イジメや暴力が悪いことだと分からせるためには、イジメや暴力の醜い部分を見せ付ける必要があると思います。
 規制といって全て守りきれません。友達と一緒に何をしているか親は把握できないでしょう。事が起こる前に、親の前で子供に善悪のラインをはっきりとつけさせるべきなんじゃないのかなあ、と。

 追記。暴力ゲームが暴力的な人間を作るという研究結果だとか騒がれています。どー考えてもおかしいとおもうのですよね。ゲームってやらされるものじゃなくて、趣味で、好きでやるのものなんですよ。シューティングが好きな人はシューティングゲームをやりますが、嫌いな人や、興味が無い人はやりません。暴力ゲームもしかりで、暴力が好きじゃないとやらないんですよね。
 なので、暴力ゲームをやったから暴力的になるのではなく、暴力が好きな人だから、暴力ゲームをやっているということで、研究した人は一度ゲームという文化を知るべきたと思います。

やっぱり子供には悪影響? 暴力的なゲームは暴力的な態度につながるとの研究結果
http://www.kotaku.jp/2012/10/violent_games_make_teenagers_aggressive.html

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。