FC2ブログ

スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【REVIEWS】DEPARTURES SECOND ENGINE「その先には青く漂う大海原と澄んだ青の空が広がってた」 2011年11月28日 【REVIEWS】 トラックバック:0コメント:0

DEPARTURES SECOND ENGINE




DEPARTURES SECOND ENGINE



RPGの世界観、雰囲気、それを深く深く追求すると、

つまりこのゲームになる。

とにかくRPGってかんじのギャルゲーですが

それだけではないです。

実際、RPGをやるより、このゲームはそのRPGの世界観に入り込めるでしょう。

ギャルゲーだけどそこまでギャルゲーじゃない。ノベルゲー。

微妙な路線だけど私は結構ギャルゲーが好きなんで

ノベルゲーというよりギャルゲーってことにします。

絵も綺麗だし。可愛い女の子もいます。


とにかくこのゲームのすごいところは

冒険を心の行くまでやってるってこと。

事件、謎、街の住民との接触。

そして綿密に作りこめれた伝説の謎。

おもしろいところが一日で完結するところです。

密度の濃い一日となりますね。

人によって冒険の定理は違いますが、


地中海の青い海と吸い込まれるような青空の広がる港町で

田舎から出てきた冒険者が走り回る。


といったフレーズを聞くとやはり冒険したくなります。

美しいCG、哀愁、興奮などを演じる美しいBGMも必見。

それがこのゲーム。DEPARTURES SECOND ENGINE

index2 ver2




とにかく走り回ります。

さまざまな人々、事件が待ち受けているので一つ一つ関わりあうようにしていき、

最終的には伝説を追うか、それぞれの人物を追うかってかんじですね。

結構難易度は高めで、攻略を見ないとまず伝説を追うことは至難です。

ですが、初めはとりあえず適当に港町でぶらついてみてください。

港町は面白い人々、伝説、建物、がたくさんあります。

退屈はしないでしょう。

一日。港町をあるいて夜になったら、

物語はは終わり。そのころにはさまざまな思い出が作られています。

二週目以降はトップギアモードというのがあり、

サブシナリオが多く追加されます。

それらも見ていきつつ伝説を追ってみるのも楽しいでしょう。


でも、全ての内容を理解するにはかなりの周回と

時間、思考の整理が必要となってきます。

長い伝説の話が始まります。

よい冒険を。




DEPARTURES SECOND ENGINE

製作:御茶ノ水電子製作所

※ちなみにこのゲームは続編です。もっと楽しみたい方は前編のDEPARTURESも続けてやってみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://guroriosa.blog49.fc2.com/tb.php/341-de2ebbe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。